エイジングケアサロン revata

エイジングケアサロン revata

東京は梅雨入り前で気温も涼しくて過ごしやすい日が何日か続いてますね。


でもそろそろ手の指の皮が剥けてきて、私の苦手な湿気の時期が近づいているなぁと感じます


梅雨の時期は

足がむくむ
腰が重い
消化不良、下痢
体が重くて疲れが取れない

などの症状が現れます。


それは余分な湿気(水)が体に溜まるからです。


暑くてベタベタするので汗をかいている気分になりがちですが、湿度が高いと意外と汗をかいていません。


もちろん体の代謝がうまくいっていれば、汗や尿などで余分な水を外に出すことが出来ますが、なにかしら体に不具合があると体に留まりいろいろと悪影響を与えてしまうのです。




起源がエジプトあたりだからか、この人も梅雨は苦手のようです(*_*)


そして五臓のなかでこの季節を苦手とするのは消化に関わる脾です。


余分な水を体から追い出そう


体に余分な水が溜まっているならば、その水を外に出すのが梅雨の養生で一番大事になります。


①汗をかく
ベタベタだからサッとシャワー浴びてさっぱりとしたいとこですが、ゆっくりとお湯につかって汗をかいてください。ウォーキングなどの軽めの運動もよいです。

②体を冷やさない
暑いからとクーラーの効いた部屋にずっといたり、冷たい氷の入った飲み物は摂りすぎ注意です。

③旬の野菜&スパイス
夏の野菜といえばトマト、西瓜、ナス、ゴーヤ、冬瓜など体の熱を冷ましてくれたり、利尿作用のあるものが多いですが、これらを生でなく火を通して食べるのがオススメ。生姜、ニンニク、大葉、ミョウガ、パクチーも食欲がないときにはよいですが、摂りすぎは胃に負担になります。

④トリートメントor足ツボ
デトックスといえばやはりトリートメント。でもそんなに頻繁に行けないという場合は青竹踏みオススメ。第二の心臓といわれる足裏を刺激して老廃物を排出します。


体の流れを良くして梅雨を乗り切りましょう~

<セラピストプロフィール>
松本 佳子(まつもと けいこ)

1972年生。広島出身。美容師として人と関わるキャリアを重ねる中、自身の体外受精による負担から体調を崩し、アロマやマッサージ等、代替医療に出会い救われる。

この経験から、自律神経やホルモンバランスの崩れなどによる不調に悩んでいる女性の力になりたいとセラピストに転身。

心と筋肉のつながり、エネルギー(気)の流れを整え、心と体を元の気に戻す(元気)ということに重きを置き、心・体・魂のバランスを整える独自のリラクゼーショントリートメントを日々追求している。

また、長年のヘッドに関する仕事の経験から、ヘッドセラピストの養成にも力をいれており、初心者からプロに向けた講座、ワークショップ、スクールを開講している。

= 習得資格 =
米国エサレン®マッサージ&ボディーワーク
NARD JAPANアロマアドバイザー
英国ITHMAアロマティックメリディアンマッサージ
キネシオロジータッチフォーヘルス
布ナプキンアドバイザー