エイジングケアサロン revata

エイジングケアサロン revata

前回のブログを書いてから何人かメールをいただきました。


ご心配をお掛けしましたが、私は元気です(^^)


カンジタは疲れなどで免疫力が落ちるとかかりやすいのですが、私の場合は更年期によるホルモンバランスの乱れが原因でしょうね。(もしくはここ最近の不安定な気圧のせいかな)


現在45歳。更年期にはまだ早いと言われますが、9歳で初潮がきているのと出産経験がないのを考えると妥当かなぁと思っていました。


がっ更年期と初潮年令は関係ないそうです!


昔、女性は一生のうちに排卵する卵子の数が決まっている(生理がある年数が決まっているとも)と聞いていたので、初潮が早いと卵子がなくなるのも早いと思っていました。


一般的に更年期とは45歳~55歳で、だいたい50歳前後で閉経します。(個人差はかなりあります)


閉経は卵巣の中の卵子がなくなることではなく卵巣そのものの老化による機能低下で起こるので関係ないとのこと。


ということは・・・まだ更年期には早い、普段の生活で軽い症状は改善できるということですね。


とりあえず甘い物控えてプール通いを続けていこうと思います。


カンジタになっちゃいました>_<


こんなデリケートな内容を書くのは…と思いましたが、5人に1人は経験していると言われる身近なもの。今回なるまで私も勘違いしていた部分もあるのでやはり書いておくことにしました。


カンジタ菌とは口の中や消化器官、膣、皮膚などに存在する常在菌です。


健康な状態であれば害のない菌ですが、疲労やストレス、抗生物質などで免疫力が低下したり、ホルモンの変化等によって抵抗力が落ちると菌が悪さをし始めます。女性の場合は妊娠中にも発症しやすくなります。


カンジタは性器で発症することが非常に多く、女性の病気というイメージですが、男性もかかります。



女性の場合、膣内では様々な菌が活動し、正常な環境を保つ仕組みになっていますが、一度バランスが崩れると、特定の菌が繁殖するには好都合な環境となってしまいます。



膣カンジダ症の症状としては、カッテージチーズのような白くてポロポロしたおりものが増え、膣内や外陰部に我慢できないほどの強いかゆみを伴う炎症が起こります。


カンジタというと膣でかかるイメージですが、実はそれ以外にも全身に症状が出ることがあります。


膣以外の症状は

全身症状

化学物質過敏症、低血糖、アレルギー症状、慢性疲労、皮膚炎、筋肉や関節の痛み、集中力の低下など


胃腸の症状

食欲不振、慢性的な便秘や下痢、腸炎、消化不良、腹痛など


中枢神経系の症状

不眠症、情緒不安定、鬱など


その他

ホルモン異常、副鼻腔炎、膀胱炎、前立腺炎、頭痛、めまい、耳鳴り、聴覚障害など



・・・後になってよくよく考えてみればなんですが、今回私は皮膚炎、慢性疲労、腹痛、不眠、めまいなどが出ました(-_-)


何気ない症状も関係してるんですね。


女性の場合は膣がモゾモゾしたりちょっとかゆいなぁと思ったら、膣内の菌のバランスが乱れている可能性があるので、生活を見直したり、早めの婦人科の受診をオススメします。


もしカンジタにかかっていれば、薬で5日程度で治ります。


酷くなると長引いたり、再発する可能性が高いのでとにかく受診ですね。


夏場はカンジタ菌が増殖しやすいらしいので特にご注意を!


施術では香りの印象や、筋反射をとって身体が欲しているもの(香り)を重要視しています。


でも普段の生活にアロマを取り入れるのはついつい忘れがち。


元々、体に熱を持っているタイプの私は梅雨~夏はグッタリしてしまう時期(~_~;)


年齢的にも更年期の症状が少し出始めていて、ホットフラッシュまではいきませんが、上半身が異常に熱い(>_<)


仕事前にプールに入ったり、家で水風呂に入ったりとクールダウンしてますが、暑くて汗がバジャーとシャワーでも浴びたの?くらいかいてしまいます(^-^;


お客様からもそういう相談をよく受けます。


で、私の最近の必須アイテムはこちら、





ドテラのペパーミント


アロマオイルは希釈して使用するもので、原液を直接肌に着けるものではないと批判を受けますが、これは直接着けられてよかったと感じるものの一つです。


指に取って首スジに着けると、だんだんと涼しくなってスーっとクールダウンします。


シャンプーに混ぜると頭がスーっとしてサッパリ!


同じような効果効能でハッカ油があります。





安いのでオススメではあるのですが、皮膚刺激はアロマオイルより強いです。


なのになぜアロマオイルは皮膚に直接着けるものじゃないと言われて、こちらはOKなのかは私的にはナゾですが…


でも暑い夏を乗り切る強い味方たちです♪

<セラピストプロフィール>
松本 佳子(まつもと けいこ)

1972年生。広島出身。美容師として人と関わるキャリアを重ねる中、自身の体外受精による負担から体調を崩し、アロマやマッサージ等、代替医療に出会い救われる。

この経験から、自律神経やホルモンバランスの崩れなどによる不調に悩んでいる女性の力になりたいとセラピストに転身。

心と筋肉のつながり、エネルギー(気)の流れを整え、心と体を元の気に戻す(元気)ということに重きを置き、心・体・魂のバランスを整える独自のリラクゼーショントリートメントを日々追求している。

また、長年のヘッドに関する仕事の経験から、ヘッドセラピストの養成にも力をいれており、初心者からプロに向けた講座、ワークショップ、スクールを開講している。

= 習得資格 =
米国エサレン®マッサージ&ボディーワーク
NARD JAPANアロマアドバイザー
英国ITHMAアロマティックメリディアンマッサージ
キネシオロジータッチフォーヘルス
布ナプキンアドバイザー